スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

ハンドメイドチェニックの素材や色柄

ハンドメイドチュニックを作るのなら、夏でしたら、ポリエステルや綿、そしてレーヨンなど、また寒い季節でしたら、重ね着に最適なニット、暖かい毛糸のハンドメイドチュニックもかわいいですね。一番重宝したのは冬、家から普段着で出るときに、チュニック一つ来ているだけで、とってもおしゃれになっちゃうんです。

ハンドメイドチュニックは細身の人はちょっと膨らんだバルーンタイプで生地の下にガーゼ素材やシフォンなどのちょっと柔らかな素材を使うと素敵です。ちょっと太目かな? という方は、体にソフトフィットするチュニックを選択すると、とても華奢に見えます。チュニックはデザインでも変化を見せます。

ハンドメイドチュニックといえば、オリエンタルな香りがする布やデザインのものも多く、バリ島やハワイなどで作られたちょっと変わったチュニックもあります。形やドレープの入れ方も独特なので、こういったチュニックも下にジーンズを合わせるなどして着こなせば、素敵ですね。

ハンドメイドのチュニックや、ワンピースを持っていれば、色々なシーンで活躍してくれます。彼とデートのときもいいですし、素材が変われば、家着としても非常に機能的で動きやすいチュニック。子供から大人まで、また街でも都市でも、どこでも着用していけるデザインがチュニックなのですね。

ハンドメイドチュニック、私はシフォンを色の感じを変えて2色の色で作りました。シフォンチュニックはかなり重宝しました。下にジーパンをはいたり、スパッツを合わせたり、色々なシーンで大活躍してくれました。チュニックは、キャミソールとあわせることで、かなり違った着こなしができますよ。
スポンサーサイト
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:安カワ☆おしゃれアイテム♪ - ジャンル:ファッション・ブランド

ハンドメイドチェニックの魅力について

ハンドメイドでチェニックを作って見ませんか?ハンドメイドでチェニックは簡単に作れます。着る人を選ばないチェニックを簡単にハンドメイドでこしらえて見ましょう。

«ハンドメイクチェニックの着こなし | HOME | ハンドメイドチェニックを作ってみよう»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。